料理のあれこれ

カレーにセロリはなぜ良いの? その効果と代用できる野菜は?

最近、カレーの具材としてセロリを入れるという人が増えてきたと聞きました。

私もその話を聞いて、カレーにセロリを入れてみたところ、そのおいしさのとりこになってしまいました。
又、カレーにセロリを入れると、おいしいだけでなく、他にも嬉しい効果があるようですよ。

ここでは、カレーにセロリを入れるメリットや、セロリがない時の代用の野菜についてお話します。

カレーにセロリを入れるのはなぜ良いの?

カレーにセロリを入れると、味の面と、栄養価の面で、色々な効果が期待できます。

まず味についてですが、セロリを入れることで、シャキシャキしてさっぱりした食感になります。

この食感が、味の濃いカレーを中和してくれるようで、たくさん食べても飽きないのです。
特に、こってりしたものが食べたくない夏などは、セロリのカレーはオススメですよ。

セロリには独特の風味があり、その風味を苦手に感じている人も多いですよね。
ところが、カレーに入れてしまうと、セロリの風味がちょうど良く和らぐのです。

特に、セロリを細かくみじん切りにしてカレーに入れると、アジア風の味わいになりますよ。
インド方面などのカレーが好きな人は、セロリが入ったカレーをおいしく感じると思います。

更に、カレーにセロリを入れると、栄養価の面でも大きなメリットが期待できます。
では、具体的にどのようなメリットがあるのかについては、次の項でお話していきますね。

カレーにセロリを入れた時の効果は?

セロリには、好き嫌いが分かれる独特の風味や香りがあるのが特徴ですよね。

それもそのはず、セロリは昔から、野菜としてだけでなく、薬としても使われてきたそうです。

「良薬は口に苦し」ではないですが、「薬」と聞くと、セロリの風味や香りに関しても、何だか納得できますよね。
昔は、セロリを、漢方として使い、健康を促進させるのに幅広く役立てていたそうですよ。

そんなセロリをカレーに入れることで、体を内側から健康に美しくしていくことに役立つそうです。

例えば、

  • 血行を良くする・血液をサラサラにする・疲労を回復させるなどの嬉しい効果があると言われています。
  • デトックス作用や整腸作用も優れているので、むくみや便秘の改善にも良いそうですよ。
  • ビタミン類が豊富に含まれていることで、美肌効果やアンチエイジング効果も期待できます。

そして、セロリ自体はとても低カロリーなので、ダイエット中の人にもピッタリです。

カロリーが低い上に、デトックス作用や整腸作用も期待できるので、余分なものを体に溜め込まずに済みそうですよね。

このような効果を考えると、カレーにセロリを入れることで、美容と健康に大きく役立つと言えます。

特に女性の場合は、カロリーの高いお肉よりも、セロリを具材にしたカレーの方がオススメかもしれません。

又、「生活習慣病を予防しておきたい」と考えている人にも、セロリのカレーはとてもいいと思いますよ。

セロリの代用でカレーに入れると良い野菜は?

さて、「セロリをカレーに入れると良い」と言われても、家にセロリがない時もあります。

そんな時は、セロリと同じような効果や食感が期待できる野菜で、代用してしまいましょう。

セロリの代用の野菜で、1番よく使われると聞くのが、中華料理でお馴染みのチンゲン菜です。

シャキシャキした食感が似ていますし、セロリと同じように、ビタミン類も豊富です。
葉の部分を使うと、少ししんなりしますが、茎の部分をみじん切りにすると、セロリと似た食感を楽しめますよ。

次にオススメしたいセロリの代用の野菜は、大根の葉の部分です。

大根の葉も、セロリ・チンゲン菜と同じように、ビタミンが豊富なので、美容と健康に役立ちます。

そして、こちらもみじん切りにして入れると、限りなくセロリの食感に近づきますよ。
但し、セロリほど香りと風味が強くないので、若干物足りなさを感じる人もいます。

まとめ

セロリは、シャキシャキした食感とさっぱりした味わいが、カレーを爽やかに演出してくれます。

又、美肌効果や血行促進効果・整腸作用など、美容と健康に大きく役立つ栄養素もたっぷりですよ、

独自の香りと風味がありますが、アジア風のカレーが好きな人には本当にオススメです。
更に、家にセロリがない時は、チンゲン菜の茎・大根の葉などで代用できますよ。