料理の基本

大きいさつまいもの蒸し方や蒸し時間は? 蒸し過ぎるとどうなる?

大きいサイズのさつまいもは、念入りに蒸さないと、おいしくいただくことができませんよね。
ここでは、大きいさつまいもの蒸し方のポイントや、ベストな蒸し時間などをまとめました。
又、「しっかり蒸した方がいい」と言っても、蒸し過ぎてしまっては逆効果ですよね。
そこで、さつまいもを蒸し過ぎるとどうなるのかについても、ここで触れていきます。

大きいさつまいもの蒸し方は? 切ってから蒸しても良い?

大きいサイズのさつまいもは、そのまま丸ごと蒸してしまうのはオススメできません。

普通のサイズのさつまいもであれば、丸ごと蒸した方がおいしく仕上がります。
でも、大きいさつまいもであれば、適当なサイズに切ってから蒸すことをオススメします。

大きいさつまいもを丸ごと蒸すと、熱がさつまいもの内部まで深く行き渡らなくなります。
さつまいもをおいしく蒸して仕上げるには、熱をしっかり通すことが必須です。

なので、ある程度のサイズに切って、熱を通りやすくしてから蒸した方が良いというわけです。

ただ、さつまいもを切ってから蒸すと、切り口からアクが出てしまい、黒っぽくなってしまうことがあります。

これを防ぐためには、さつまいもを切る前に、皮をむき、さっと水にさらしてみてください。

蒸す前にこのひと手間を入れると、大きいさつまいもも、見た目・味共に良い仕上がりになりますよ。

さつまいもの蒸し時間ってどのくらい?

さつまいもを蒸しておいしく仕上げるためには、先ほども触れた通り、熱をしっかり通すことが必要です。

なので、蒸し時間もしっかり取ることも、大切なポイントになります。

さつまいもは、蒸し器で蒸す場合と、電子レンジで蒸す場合とでは、蒸し時間が変わってきます。

さつまいもを蒸し器で蒸す場合

蒸し器で蒸す場合は、まず最初に、蒸し器に水を入れて蓋をし、強火にかけて沸騰させます。

沸騰を確認したら、弱火に変えて、20~30分くらい蒸すとおいしく仕上がりますよ。
最低でも20分の蒸し時間が必要で、より甘くホクホクにしたい場合は30分蒸してください。

ちなみに、さつまいもの場合は、沸騰前に蒸し器の中に入れてしまいましょう。
沸騰後にさつまいもを蒸し器に入れると、上手に仕上げることができなくなります…。

さつまいもをレンジで蒸す場合

一方、電子レンジで蒸す場合は、500w程度の強さで、4~6分くらい蒸すのがベストです。

この時、密閉された状態で加熱しないと、さつまいもがパサパサになってしまいます。
なので、プラスチック製の蓋で密閉したり、シリコンスチーマーの中に入れたりすることがポイントです。

そして、蒸し器の場合・電子レンジの場合共に、蒸し終わったら、内部の状態を確認しましょう。
さつまいもに竹串か爪楊枝を刺し、スムーズに奥まで通るようであれば完成です。

さつまいもを蒸しすぎるとどうなる? 味や栄養は?

しっかり蒸した方がおいしいとは言え、蒸しすぎてしまうと、せっかくのさつまいもが台無しになります。

さつまいもを蒸しすぎると、甘みが抜けてしまい、味気ない仕上がりになってしまいます。

特に、電子レンジで加熱した場合は、内部の水分も蒸発してしまい、パサパサしてしまいます。
場合によっては、「固くて、とても食べられない」というケースもよく聞きます。

このような状態になったさつまいもは、そのまま食べてもおいしくいただけませんよね。
なので、バターを塗ったりして、しっとりさせてから食べる必要がありそうです。

又、さつまいもには、ビタミンCやカリウムなど、水溶性の栄養素がたっぷり含まれています。

さつまいもを蒸しすぎると、これらの水溶性の栄養素が溶けることがあります。
さつまいもにはでんぷんが含まれており、このでんぷんが水溶性の栄養素を保護してくれています。

そのため、蒸しすぎても、水溶性の栄養素が極端に損なわれることはありません。
でも、これらの栄養素が多少減ってしまうことは、残念ながら否定できません。

せっかく食べるなら、さつまいもの栄養素を100%しっかり摂取したいですよね。
なのでやはり、さつまいもを蒸すときは、ベストな蒸し時間を守るようにしたいものです。

まとめ

大きいさつまいもは、中の奥深くまで熱を通すために、切ってから蒸すことをオススメします。

そして、蒸し器で蒸す場合は、沸騰前からさつまいもを加熱し、沸騰後は弱火で20~30分蒸します。

電子レンジで蒸す場合は、密閉した状態で、500wで4~6分くらい加熱してください。
蒸しすぎると、栄養価が少し減ったり、味が悪くなったり、パサパサになったりするので要注意です。