保存方法&賞味期限

肉じゃがの賞味期限や保存方法は?作り置き冷凍はできる?

和食の代表とも言われる肉じゃが。味が染み込んだじゃがいもは美味しいですよね。
煮物は一度にたくさん作ると美味しくできると言われているので、肉じゃがも出来ればたくさん作って保存しておきたいものです。でもどのぐらい日持ちするかも気になりますよね。
そこで今回は、肉じゃがの賞味期限てどのくらいなのか。保存方法はどうするのが良いか、保存の時の汁はどうするのか。肉じゃがを作り置きして冷凍することって出来たりするのかについてご紹介します。

肉じゃがの賞味期限はどのくらい?

肉じゃがは意外と足が早いです。

冬でも常温で置いておいたら1日も持たない事もあります。
なので、保存は冷蔵庫か冷凍庫でしてくださいね。

冷蔵庫の場合の賞味期限は、2〜3日です。
でも、夏場は冷蔵庫に入れても1〜2日以内に食べ切った方が良いですね。

煮物の中でも、ひじきの煮物やきりぼし大根の煮物などしっかりと味が染みている場合は5〜6日くらいは日持ちします。

冷凍庫の場合は、2〜3週間持ちますが肉じゃがのまま残しておくのは難しいです。
じゃがいもは、冷凍には向いていない食材に当たります。

肉じゃがは鍋のまま保存しても良い?

ちなみに、肉じゃがを煮たままの鍋ごと冷蔵庫に入れても保存はできます。
持ち手を取って、そのまま冷蔵庫に入れても大丈夫な鍋もありますからね。

冷蔵庫の中に鍋を入れられるスペースあれば、鍋ごと入れて保存しておいても良いですね。もちろん、鍋がある程度冷めてから入れるというのは、当然です。

なので、鍋に入れたまま冷ませば美味しくなります。
急速に冷ますのではなく、なるべくじっくりと冷ました方が味が染み込みます。

冷ます時には、鍋を密閉してからバスタオルに包んで、新聞紙にくるんであげるとゆっくりと冷ませます。

鍋のまま冷蔵庫に入れるときの注意点!

ただ、鍋のまま冷蔵庫に入れて保存するには、難点があります。

鍋のまま入れてしまうと、冷蔵庫内の温度が上がってしまいます。

その為、食中毒には気をつけなければなりません。
特に、夏場には一層の注意が必要です。

食中毒を起こすような菌が発生してしまう温度は、40℃〜10℃の間と言われています。
この温度で置いておく時間を少しでも少なくする為に、早く冷ます事も大切です。

味が染み込むには、じっくり冷ました方が良いですが、食中毒の事を考えると早めに冷ました方が良くなります。

大きな鍋だと冷ますのに時間がかかるので、小鍋で作ってじっくりと冷ますのが良いかと思います。

小鍋なら、大鍋よりは早く冷めるけど味は染み込む程度には時間をかけられます。

しかし、常温で置いておくと菌だらけになってしまうので、作ってからそんなに時間が経っていなくても、食べる時には必ず火を入れてから食べる事をおすすめします。

それに、大鍋だとほとんどのお家の冷蔵庫には入らないですよね。
入ったとしてもかなり場所を取るので、他の食材が入らなくなります。

冷ますのにも、冷蔵庫に入れるのに適した小鍋が良いですね。

肉じゃがの保存方法はどうするのが良い?汁はどうする?

肉じゃがを保存するのは、冷蔵庫になります。

肉じゃがを保存するのに適した入れ物は、タッパーなどの密閉できる容器です。
お皿にそのまま入れて保存しておきたければ、しっかりとラップをしてから保存します。

その際は、必ず粗熱を取って冷めたものにフタやラップをして冷蔵庫に入れて下さい。
煮汁のある肉じゃがは、煮汁が無くなるまでしっかりと飛ばしてから保存すれば冷蔵庫で2〜3日保存できます。

 

でも、この保存方法だと2〜3日と短い保存日数になります。

長めに冷蔵庫で保存したい場合は?

長期間の冷蔵庫保存となると少し違ってきます。
少し長めに保存をしたいなら、普通の保存とは逆で煮汁もたっぷり作って一緒に容器に入れて保存します。

煮汁がある事で、腐敗を防いでくれる効果があります。
そして1日に1回、火入れをして熱を入れると雑菌が湧かなくなるので、長く日持ちします。

熱を入れる時は、必ず火での火入れが絶対です。
日持ちをさせたいなら、何度も火入れをしなければいけません。

その為、火入れをする度に、煮汁が蒸発していってしまうので煮汁はたっぷりあった方が良いですね。

もし、保存が長くなるかわからない時は、汁を多めに作っておいて肉じゃがとは別に、違う容器に入れておくと良いですよ。

保存が長くなって火入れする時に、少しずつ汁を足して火入れをすると乾燥を防ぎながら、火入れをする事ができます。

豆知識!保存に煮汁って要る要らない?!

また、同じ煮物でも種類によって汁を入れたまま保存できるのか、できないのかが変わってきます。

根菜の煮物、筑前煮、かぼちゃの煮物、里芋の煮物などは汁を多めにして保存するのに向いています。

汁気を無くしてからの保存した方が良いのは、ひじきの煮物や切り干し大根の煮物です。

 

ひじきの煮物や切り干し大根の煮物は、よくお弁当に入れますが、その際には、必ず煮汁を飛ばしてから入れた方が傷みにくくなります。

肉じゃがを作り置きして冷凍することって出来るの?

肉じゃがを作り置きで冷凍する事はできますが、あまりおすすめできません。

じゃがいも は、冷凍すると食感が変わってしまって美味しくありません。
どうしても冷凍したいのであれば、下処理をしてから冷凍しないといけません。

まず、じゃがいもと人参は、解凍するとベチャベチャになり美味しくなくなるので、あらかじめ潰してマッシュ状にしておきます。

肉、玉ねぎは粗い微塵切りにしておきます。
作り置き用にするなら、しらたきや糸こんにゃくは入れない方が良いですね。

こんにゃくは冷凍すると輪ゴムみたいになって不味いです。

きちんと下処理したら、タッパーやジップロックに密閉して入れて冷凍庫で急速冷凍します。

しかし、ここまで原型を留めないと肉じゃがではないですよね^^;
肉じゃがとしての保存は難しいですが、肉じゃが味を残しながらの保存ならできます。


肉じゃがコロッケ

<材料>
肉じゃが(好きなだけ)、QBチーズ(肉じゃがに合わせて)、小麦粉、卵、パン粉:適量

<作り方>

  1. 肉じゃがは汁気を飛ばすように鍋に入れて温める。
  2. 肉は細かく刻む。糸こんにゃくがあれば乾煎りしてから細かく刻む。
  3. じゃが芋や人参は潰して、2を戻して混ぜる。
  4. チーズは一口サイズに切って、チーズを芯にして3で包み込み丸い形を作る。
  5. 小麦粉→卵→パン粉の順に付けていく。
  6. そのままジップロックに入れて、冷凍庫に入れる。

食べる時に、冷凍庫から出してすぐに揚げれば楽に肉じゃがコロッケが食べられます。

肉じゃが炊き込みご飯

<材料>
肉じゃが(お玉3杯程度)、油揚げ1枚、しいたけ2枚、お米2合、醤油、水各適量

<作り方>

  1. 肉じゃがの具を細かく刻む。
  2. 油揚げとしいたけも細かく切る
  3. お米2合を研いで水切りする。上から、肉じゃがの煮汁を御釜の2合の線まで入れる。足りなかったら、水を入れる。(水を入れる場合は、醤油を小1入れる。)
  4. しいたけ→油揚げ→1を入れて、軽くかき混ぜて炊飯器にセットする。
  5. 出来上がったらよくかき混ぜて15分くらい蒸らす。
  6. 熱いうちに100g程度に分けてラップに包んで冷凍庫に入れる。

食べたい時に、レンジでチンすればすぐ食べられて便利です。

まとめ

肉じゃっておいしいので、出来れば作り置きできなかな…と思いますよね。

でも意外と日持ちしない上に、じゃがいもは冷凍保存には適さないので、出来れば肉じゃがは食べる都度作るのが良いです。

ただし、残った肉じゃがをアレンジすれば冷凍保存も出来るので、ひと手間かけてみてくださいね。

じゃがいもはマッシュすれば冷凍保存可能ですよ。